海外製のペニス増大サプリの効果は?安全性に問題ありって本当!?

海外製増大サプリとは、日本で正規に発売されている物と非正規の物があります。

日本で正規に販売されている海外製の増大サプリについては、日本人向けにアレンジされていたり、有効成分となる主成分などを新たに監修し直し、日本の法律に適応するように作り直した物です。

非正規の海外製増大サプリについては、海外で発売されているサプリメントを個人輸入などをして日本で販売しています。日本人に適応するように作られていないため、効果がでない・副作用などのトラブルが起きた場合も自己責任です。

海外製増大サプリの安全性

海外製の増大サプリでも後に日本でも発売されているか意外性の増大サプリという物があります。

ぺニマックスなどが正にそれで、元々は海外製の増大サプリで後に日本人向けにアレンジされたぺニブーストなど日本人向けにアレンジされ海外で作られ日本に持ち込まれたサプリであれば安全です。

海外で作られ日本人向けにアレンジしているため、実質は海外生産された日本のサプリメントに近いため、こちらのタイプであれば、海外産でも安全です。

このような手法は結構増大サプリにはあり、元々ブラジルやアメリカなどのサプリメントを開発していた会社が自ら日本人向けのサプリを作ることはよくあります。

この場合、その多くは、パッケージが日本語の文章であり中身が英語であることや中身の錠剤の説明書自体も日本語や英語で書かれているため海外せいではありますが、日本人にも理解できるサプリです。

問題なのは非正規で海外で売られているサプリの個人輸入したサプリです。

こちらはすべて、海外で売られている現地の言葉で書かれているためすぐに見分けがつくでしょう。問題なのは成分とサプリの摂取の仕方に問題があります。

まず成分ですが、主成分が海外では安全であるとされている物に関して、日本で安全であるといけるかどうかは未知数です。そのため、海外のサプリメントでも日本人に人気のあるものであれば、そのサプリメントを販売したい国に合わせた有効成分を使用します。

ただし、この日本人向けにアレンジすることはあくまでもサプリを生産している海外の会社が日本で売ることにメリットがあると判断した場合、独自に自社で日本人向けにアレンジするため、人気のないサプリメントに対してはどのような物質が使われているか分らない点があります。

そのため、安全性に欠き、どのような副作用が起きるか分らないため、全て英語表記や現地の言葉で書かれている物は購入しない方がよいですね。

また、飲み方が分らないということも問題です。使用時に置いて同時に摂取してはいけないことや禁則事項などが現地の言葉で書かれているため、よく理解せずに飲んでしまうとこちらも同様に副作用に襲われます。

サプリメントの中には用量をきちんと守らないと副作用を起こす物があり、日本でも説明文として注意書きがサプリメントにされています。このように、飲み方を理解しているということはそれだけ安全にサプリメントを使用できるということにも繋がります。

海外製増大サプリと日本製増大サプリの違い

海外製造大サプリは日本製増大サプリと比較した際、大きな違いとなる部分は工場で作られている際の、安全性です。日本で発売、もしくは日本人向けに監修された海外サプリは安全性を重視した衛生的な工場で作られています。

一方、未認可のサプリなどは生産されている海外の向上が衛生的であるかどうかは分らず、何処で作られているかなどの情報すらない物などもあります。

どこで作られているか分らない物ほど危険なものはなく、副作用以前の問題として使用して危険性が無いのかどうかの判断も怪しく、主成分すら本来の使用されている成分であるかどうかも怪しくなります。

主成分などの成分自体が偽装されている物であれば自ずと副作用は起きますし、使用期限なども本来の使用期限であるかどうかすら分からないため、自然由来の成分を使用している物であれば劣化していることも考えられます。

劣化しているサプリは本来のサプリとは別の何かに変異している恐れもあり、それはすでにサプリメントではなくなっており、危険物になっている可能性も否定できないです。

サプリメントにも一応、使用期限があり劣化します。これはサプリだけに限らず、医師の処方が必要な薬なども同様で、使用期限があり、使用期限を過ぎた薬は成分が劣化し、副作用が起きます。

サプリメントも同様に副作用が起きる可能性が高いので未認可の海外サプリはかなり危ない物であるといえます。

海外製増大サプリは効果が高さ

外国人はチンコがデカイから、海外製増大サプリの効果も高いイメージがありますが、実はあまり効果は高くありません。サプリメントの効果は質で決まり、配合量などでも変化します。また日本人の体質に合うかどうかもあります。

そのため、海外で人気があるからといって入荷されている製品を手に取り使用しても、日本で売られている増大サプリの方が有効成分の配合量が多かったということも少なくはありません。

海外サプリの場合、雑誌やインターネットなどで人気が浸透し、購入者の目に止まるため、効果があるかどうかではなく、人気で購入者が多いのも多いです。これは日本製のサプリメントでも同様のことが言え、日本で人気のある増大サプリメントであれば同様に、効果ではなく人気でサプリメントを購入します。

購入者が多い商品はそれだけレビューも集まりやすくなりますので自ずと効果のある製品であるように感じるというわけです。こういった場合、日本で販売されている増大サプリと海外製の増大サプリの有効成分を比較する必要があります。

比較については比較サイトなどを利用したり、英語や現地の言葉で書かれている説明書を読むことができるのであれば比較することが可能です。

日本のものと海外の物、両者の有効成分の配合量を見極めてから購入しても遅くはなく、より効果的な差プロメントを選ぶことも可能です。

海外製造大サプリの取扱店

海外製の増大サプリの取扱店は主に、個人輸入のネット通販業者や、日本で海外のサプリメントを正規に輸入している業者の2社です。

個人輸入のお店の場合、現地で売られている製品をそのまま販売しているためサプリは、現地の言葉で書かれています。正規に輸入しているお店の場合は、日本語で書かれていたり現地の言葉でかかれて至りと様々です。

どちらもネット通販で購入することが一般で店舗販売が主な薬局などでは取り扱っているお店はほとんどありません。

海外製増大サプリの副作用

海外増大サプリの副作用ですが、禁止されている薬品や日本で未認可の成分が配合されている物ですと、嘔吐や頭痛などの症状が現れるものや意識をなくしてしまう物などもあります。

増大サプリは主に血行を促進した後に有効成分を体に送り届けるという性質上、副作用が起きた場合、体に副作用が回りやすいため、早く副作用が起きることもあります。

副作用が起きた場合、即座に使用を中止し医師の診断を受ける必要性もありますので、サプリメントであるからといって副作用が弱く、重篤にはならないというわけではありません。

他に、日本人向けに正規にアレンジされた海外サプリであっても用法、用量を守らなかった場合は、同様に副作用が置き頭痛などの他血流上昇に伴う病気が悪化することもあります。

ざっくりまとめると

  • 海外製増大サプリはそれほど効果がない
  • 粗悪品もあるのであまりおすすめしない
  • 特に個人輸入は副作用もあるので注意

といったところです。
ペニス増大の効果・体への影響を考えれば日本で製造・販売されている増大サプリがマスト。決して安さだけで飛びつかないでください!